萌えニュースゲーム速報

萌えニュース、ゲームまとめ速報です

カテゴリ: ゲーム

1 :骨 ★:2019/12/04(水) 01:00:40 ID:CAP_USER.net
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1912/03/news130.html
2019年12月03日 17時01分

2019年12月3日の株式市場で、任天堂(東証1部)が続伸し、一時4万4500円を付けて年初来高値を更新。
終値も前日比1150円高(+2.66%)の4万4390円まで上げました。
「Nintendo Switch」の中国展開で協業するIT大手テンセント(Tencent)が12月4日に何らかの発表を行う予定だと伝わり、
中国市場での展開に期待する買いが集まりました。

ゲーム機の販売が規制されている中国ですが、テンセントは4月にNintendo Switchの販売許可を
中国政府から取得しています。
テンセントはソフトの中国語への翻訳やオンラインサービスの構築など、中国展開に必要な
さまざまなサービスを提供する予定です。
テンセントは中国の国内向けネットサービスを運営するだけではなく、「League of Legends」の
ライアットゲームズや「クラッシュ・オブ・クラン」のスーパーセルなどを傘下に収め、エピックゲームズなどの
大株主でもあるなど、ゲーム分野でも大きな存在感を示しています。

世界最大規模の市場である中国でSwitchの販売が軌道に乗れば、任天堂の収益にも追い風になりそうです。
任天堂の株式時価総額(3日終値ベース)は約5兆8448億円です。



9月に発売された「Nintendo Switch Lite」



任天堂の株価推移



続きを読む

1 :骨 ★:2019/12/02(月) 00:58:13.78 ID:CAP_USER.net
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/1221732.html
2019年12月1日 00:05

NECホームエレクトロニクスが販売していたゲーム機「PCエンジンDUO-R」の未使用品が
レトロアイテム専門店「BEEP 秋葉原店」に入荷。
ジャンク品扱いで、店頭価格は税抜き98,000円です(税込107,800円)。
これは、1993年3月に発売された家庭用ゲーム機。「PCエンジン」とオプションの周辺機器「SUPER CD-ROM 2 」を
一体化した「PCエンジンDuo」の廉価モデルで、ヘッドホン端子や外付けバッテリー用端子などが省略され、
外観デザインは丸みを帯びたものになりました。
また、カラーもグレーからホワイトに変更されています。







画像



続きを読む

1 :骨 ★:2019/11/30(土) 01:15:22.92 ID:CAP_USER.net
https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1221637.html
2019年11月29日 18:14

タイトーは、Nintendo Switch用アクションゲーム「バブルボブル 4 フレンズ」の発売日を2020年2月27日に決定した。
価格は通常版が4,800円(税別)で、特装版が9,800円(税別)。
予約受付は12月6日より開始される。
「バブルボブル 4 フレンズ」は、1986年に登場したアーケード用アクションゲーム「バブルボブル」シリーズの最新作。
泡はきドラゴン「バブルン」とその仲間たちが、夜の子供部屋の本棚やベッド、おもちゃなどがモチーフとなった
カラフルなステージを最大4人の協力プレイで冒険する。
また、本作には初代「バブルボブル」が忠実に再現されたオリジナルアーケード版が収録されている。

■特典情報公開! 「Amazonサイバーマンデー」限定で「ファイナルバブルボブル(マークIII版)」が付属

「Amazon」にて12月6日より12月9日まで開催されるサイバーマンデーセールで予約購入すると、
初代「バブルボブル」がセガ・マークIIIに移植された作品「ファイナルバブルボブル(マークIII版)」がDLCとして付属する。
また、「バブルボブル 4 フレンズ」の特装版には、本作のオリジナルサウンドトラックと「バブルボブル公式資料集」、
アーケード版「バブルボブル」の復刻筐体ステッカーとミニ筐体ポップ、復興インストラクションカードが付属する。



バブルボブル 4 フレンズ


オリジナルアーケード版「バブルボブル」


ファイナルバブルボブル(マークIII版)


特装版の特典



続きを読む

1 :骨 ★:2019/11/30(土) 01:07:30.71 ID:CAP_USER.net
https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1221595.html
2019年11月29日 16:29

タイトーは、家庭用のアーケードゲーム筐体「Arcade1Up スペースインベーダー」を販売している。
価格は41,000円(税込)。
本商品はタイトーのアーケード筐体を3/4スケールで復刻するシリーズ「ARCADE1up」の製品。
以前よりも価格が少し割安になって販売される。
収録タイトルは「スペースインベーダー オリジナル」と「スペースインベーダー カラー」がラインナップされている。
また、本シリーズに収録されているタイトルは海外仕様となっているため、日本で日本国内で流通しているものとは仕様が異なる場合がある。
筐体にお馴染みのイラストがデザインされており、当時を懐かしむことができる製品となっている。



画像



続きを読む

1 :朝一から閉店までφ ★:2019/11/28(Thu) 13:32:23 ID:CAP_USER.net
2019年11月28日 13:07
PS4用ソフト「十三機兵防衛圏」が発売された。

アトラスとヴァニラウェアによる新作ADVゲーム。過去から未来それぞれの時代に生きる13人の少年少女たちが「機兵」と呼ばれる巨大なロボットに乗り込み、人類の存亡をかけた最後の戦いに身を投じるSFドラマチックアドベンチャーだ。

限定版のプレミアムボックスには、「十三機兵防衛圏」シークレットファイル、第二世代型13番機兵ペーパークラフトモデルキット、DLCオリジナルテーマ&アバターセットが同梱されている。




同時発売の「電撃PlayStation Vol.682」には「十三機兵防衛圏」の付録冊子が用意。バトルシステムの徹底攻略、キャラクターレビューやヴァニラウェア作品ならではのおいしい食べ物紹介などが収録されている。
http://www.new-akiba.com/news/182783



続きを読む

このページのトップヘ