萌えニュースゲーム速報

萌えニュース、ゲームまとめ速報です


1 :芹沢健吉 ★:2017/11/16(木) 23:39:31.30 ID:CAP_USER.net
ねとらぼ:http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1711/16/news121.html

ガシャの誤表記が発端で炎上に発展していた、スマートフォン用ゲーム「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」(関連記事)が、新たに不具合についての詳細を発表しました。
16日0時45分の発表の時点で「メモリ管理プログラムのエラー」が原因であったことを明かしていましたが、今回は新たに問題該当箇所のソースコード(コンピュータプログラムの文字列)を公開する“詫びソースコード”を実施しネット上がざわついています。
https://twitter.com/dokkan_official/status/931012901485162496



▲今回のガシャの目玉キャラ「超サイヤ人ケフラ」



▲今回新たに発表されたおわび文(以下、画像は「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」公式サイトから)

この問題は、11月14日深夜のメンテナンス後、一部の有料ガシャで「ユーザーごとに出現キャラ表記が違う」という不具合が発生していたことから始まりました。
本来排出されるはずのキャラが表示されていなかったり、ユーザーによって表示されるキャラの数や種類がまちまちだったりしたため、ネット上では「裏で“出るキャラ”や“出ないキャラ”を設定していたのが、誤って表に出てしまったのではないか」という疑惑へと発展。

メンテナンスによりこの不具合は解消され、運営はおわび文で「出現キャラ」画面の表示タイミングによって異なる内容が表示されてしまっていたと説明。
ユーザーによって“出ないキャラ”を設定していたという疑惑については、否定しました。

しかし、その後も掲示板やTwitterなどで「まず説明をきちんとしろ」など厳しい声が続出
そんななか、運営は不具合のさらに詳細な説明として、ソースコードを公開しました。


▲公開されたソースコード

公開されたソースコードに添えられた説明によると、表示に必要なデータがメモリに格納されてない場合はストレージからデータを取得するようになっているのですが、このときに誤ったデータを取得してしまうことがあるのが原因だったとしています。
また、メモリに格納されているデータはアプリ起動後の操作によって変化するため、「出現キャラ提供割合」の表示内容も合わせて変化していました。

今回の対応にネット上では、「ソースコードまで公開しておわびしたのは業界初ではなかろうか」「ソシャゲのお知らせページにC++のコードが掲載されるとは」「できることを全部やってる」「やるじゃん」と評価する声がある一方で、「必死過ぎる」「こんなの見せられても分からない」「このソースコードが実際に使われていたとは限らない」「ユーザーごとに確率をいじっていなかった証明にはならない」といった意見も。
また、「アズールレーンは不具合の説明をしっかりしたら評価されたのにドッカンバトルはたたかれ続けていてかわいそう」「今後他のゲームでも炎上したらソースコードの開示が求められるようになってしまうのでは」といった声もあがっていました。



続きを読む

1 :芹沢健吉 ★:2017/11/15(水) 22:28:10.24 ID:CAP_USER.net
ねとらぼ:http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1711/14/news125.html

ゲーム開発で日本音楽著作権協会(JASRAC)と楽曲使用料に関するやりとりを行った人物のツイートが注目されています。
この人物のツイートでは「アプリがダウンロードされた時点で使用料がかかる」「周回クエストは周回数分支払う必要がある」などと使用料の徴収について強く批判し、トータルで10万RTを超えるなど大きな反響を集めました。



このツイート主は、アプリのゲーム開発に携わったとする人物。
ツイートによると、管理楽曲のダウンロード数に応じて使用料がかかる仕組みになっているとの説明を受けたツイート主は、制作側の負担を少しでも減らすためにアプリそのものに楽曲を入れる仕様ではなく、クエストに入った時点で音楽をダウンロードする仕様に変更しました。

これにより楽曲の使用料は抑えられるはずでしたが、その仕様にしたことをJASRACに告げると、「周回(何度もプレイする)クエストなので」と曲が流れる回数分支払うよう促されたそうです。
「同じ人が同じ曲を聞くだけですよ」と食い下がるも、JASRACは「曲が流れる回数分取ります」と回答。
さらに、それらとは別に使用していた1小節を超えた分を1曲として換算されるなどして、その使用料は「新曲を3〜4曲作れるほど」に膨れることに。
ツイート主は「JASRAC社員は身バレして一生世間から嫌われろ」「JASRACは巨悪だと思ってるしマジで嫌い」など、JASRACを強く批判しています。

アプリで管理楽曲を使用するときの運用についてJASRACに一連のツイートを確認してもらった上で話を聞いたところ、基本無料のゲームの場合、最大5.3円(コンテンツが再生できる期間で変動)がダウンロード数(リセマラ※なども含まれる)に応じて支払われる仕組みになっているとのこと。
ただし、ここからアプリ制作会社が自前で用意した曲と管理楽曲の割合で減額されます。
例えば20曲中1曲が管理楽曲だった場合、利用料はそこから20分の1になるそうです。

※「リセットマラソン」の略。
 ゲーム開始直後から強力なアイテムやキャラクターなどを入手するために、アプリのインストールと削除を繰り返す行為のこと。



ツイート主は周回数や曲が流れた回数に応じて使用料が掛かるとしていましたが、JASRACはこれを「仕様次第」としつつも否定
ツイート主は「クエストを遊ぶ際に楽曲がダウンロードされる仕組みに仕様変更した」としているため、このケースではアプリをダウンロードする時点ではなく、クエストをプレイする時点で使用料が掛かることになります
つまり、ダウンロードが都度必要になる仕組みでない限りは、使用料が掛かるのは初回のみで、「周回ごとではない」とのこと。

なお、JASRACによると、ゲームに音楽を使用する契約は傾向として増えているそうです。



続きを読む

1 :朝一から閉店までφ ★:2017/11/15(水) 22:24:59.87 ID:CAP_USER.net
2017-11-14 17:07
文:電撃App

 Yostarが配信中のiOS/Android用アプリ『アズールレーン』の公式Twitterで、次回のメンテナンスで更新される第九章の一部海域で出現する艦船“駆逐艦・ジェンキンス”が発表されました。




 本作は、外敵“セイレーン”に立ち向かうために創設された軍事組織“アズールレーン”(艦船を擬人化した少女たち)を指揮し、簡単な操作で緊張感のある海戦を楽しめるゲームです。

 駆逐艦・ジェンキンスは緊張しやすい性格です。いつも戦いは苦手だと言い張っていますが、いざ緊迫した状態になると火事場の馬鹿力で妹たち以上の戦果を発揮することもあります。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

http://dengekionline.com/elem/000/001/628/1628423/
※画像は公式Twitterのものです。
(C)2017 Manjuu Co.ltd & Yongshi Co.ltd All Rights Reserved.
(C)2017 Yostar Inc. All Rights Reserved.



続きを読む

このページのトップヘ