萌えニュースゲーム速報

萌えニュース、ゲームまとめ速報です


1 :のっぺらー ★:2016/12/09(金) 12:22:43.00 ID:CAP_USER.net
11月29日に発売された、人気RPGシリーズ最新作「FINAL FANTASY XV(FF15)」の
国内初週販売本数が、69.0万本(メディアクリエイト調べ)だったことが分かりました(※)。
PS4本体の普及台数が現時点で約370万台であることを考えると、ハード所有者のおよそ5人に1人が購入した計算になります。

※全てPS4版で、限定版およびハード同梱版も含めた数字。ダウンロード版は含まず。集計期間は発売日から12月4日までの6日間

オンライン専用だった「FF14」を除けば、ナンバリング作品としては2009年発売の「FF13」以来。
ただ、初週の勢いでは「FF13」の150.2万本から大きく数字を落とした形となりました。
現時点での消化率は64.63%。

通常のタイトルであれば問題ない数字ですが、
「FF15」の場合、国内だけでおよそ100万本超出荷しているとみられ、市場にはまだ30万本以上在庫がある計算になります。
年末年始にかけ、この在庫を順調に消化できるかどうかが今後を占うポイントになりそうです。

この数字について、販売本数データを集計・算出しているメディアクリエイトは次のように分析します。

「『FF13』とはハードの普及台数も周辺事情も異なっているため、一概に比較はできないと思っています。
 ただPS2以降のFFシリーズは“完全初動型”の傾向が強く(初週にドンと売れて2周目以降はガクッと落ちる)、
 今後もし年末年始で大きく値崩れしたりした場合、今の出荷数以上に販売数を伸ばすのは厳しいかもしれません」
(メディアクリエイト 担当者)

ちなみにダウンロード版はこの数字に含まれていませんが、
メディアクリエイトによると、日本ではダウンロード版はパッケージ版のおおむね10〜15%に落ち着くことが多いとのこと。

また消化率については、
「一概に出しすぎとは思いたくないですが、初週80万本出荷だったら販売店の負担も少なかったと思います」とコメント。
限定版やハード同梱版は順調に消化できているものの、現状では通常版の動きがやや鈍いそうです。

一方で、発売後のアップデートや追加コンテンツへの期待も。

「スクウェア・エニックスも『FF』ブランドを売っていくにあたって、“完全初動型”であることにいびつさは感じていました。
 そこで今回は、発売後もアップデートや追加コンテンツを配信していく“後販促”に力を入れていて、
 これは7月の発注段階でもアナウンスされています。
 
 先日も田畑ディレクターから今後のロードマップが示されましたが、
 これをフックに年末年始、値崩れせず、中古市場にもあまり流れずに持ちこたえられれば、
 例えば『グランド・セフト・オートV』のようなロングラン作品になる可能性もあります」
(メディアクリエイト 担当者)

スクウェア・エニックスによれば、
「FF15」は既に世界累計では500万本を出荷(ダウンロード販売数を含む)しており、これは歴代シリーズでも最速とのこと。
今後もさらに短期・中期・長期の3段階に分けて、イベントシーン追加や重要キャラクターのプレイアブル化、
アバターシステムの追加といったアップデートを行っていく計画が明らかにされています。



メディアクリエイト
http://www.m-create.com/

以下ソース:ねとらぼ 2016年12月09日 11時30分
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1612/08/news139.html



続きを読む

1 :pb ★:2016/12/08(木) 11:16:02.79 ID:CAP_USER.net
 「Pokemon GO」(ポケモンGO)に、新たなポケモンが追加されることが明らかになりました。12月12日(米国時間)に詳細が発表される予定です。

 運営元は、1年の締めくくりを前に、「いくつかの新しい体験とゲーム内イベント」を予定していると告知。「初めて新たなポケモンを追加する」とし、12日に詳しいことを知らせるとしています。

 現在ポケモンGOの図鑑は149種のポケモンが登録可能。先頃から、「ポケモン金・銀」のポケモンが新たに追加されるとのウワサも流れています。




http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1612/08/news064.html



続きを読む

1 :えりにゃん ★:2016/12/07(水) 15:53:26.86 ID:CAP_USER.net
FFXV を遊んでくださり、ありがとうございます。

 FFXV は、発売日に全世界500 万本出荷という、本当に大きな成果を達成することが
できました。購入してくださった多くの皆さんに、心から感謝いたします。

 現在、世界中で非常にたくさんのプレイヤーの皆さんが、存分に楽しんでくれていると
聞いています。この新しいFF の遊び方に喜んでもらえたことを、スタッフ一同、
本当に嬉しく思っています。

 発売前からの公約通り、FFXV は発売して終了ではなく、今後もアップデートを継続し、
よりリッチなゲーム体験を世界中のプレイヤーの皆さんに提供していく予定です。

 今回は500 万本突破への感謝の気持ちとして、アップデート計画を当初の予定を大きく
超えたものに強化し、皆さんに具体的なロードマップをお知らせすることにしました。
これは、FFXV のゲーム体験をさらにリッチなものにし、より長く遊んでいただくための
アップデートと、発売後のプレイヤーの皆さんからのご要望を踏まえたアップデートを
あわせて、既報のDLC 開発とは別に、短期、中期、長期に分けて、無料で順次ご提供して
いくものです。

■FFXV アップデートロードマップ
・短期目標
まず、チャプター13のゲームプレイの満足度をさらに高めます。そのために、
指輪魔法の威力を大幅アップさせるなど、すでに多くの強化に着手しています。強化内容の詳細や提供時期については後日改めて
お知らせします。

・中期目標
ゲーム後半の演出を強化して、ストーリー体験の満足度をさらに高めます。例えば
「レイヴスというキャラクターはなぜあの運命を辿ったのか?」が描かれたイベントシーンの
追加などを予定しています。イベントシーンの追加には、ボイス対応と全言語への
ローカライズ作業が発生するため、中期目標としてしっかり取り組みます。計画の詳細は、
決まりましたらお知らせします。

・長期目標
ゲーム本編に登場した、重要キャラクター達をプレイアブルキャラとして
使用できるようにします。また、オリジナルキャラを作成してゲームを遊べるようにする、
アバターシステムの追加を検討します。
その他にも、プレイヤーの皆さんが長期にわたってFFXV を楽しめるような、
様々なアップデートを積極的に続けていきます。

・その他
クリア時のステータスを引き継いだままニューゲームで遊べるようにします。
低レベルクリア、無敵スーツなど、遊びの幅を広げる様々なアイテムを提供します。
フォントを拡大表示して、メッセージを読みやすくします。報酬や実績付きのボス戦や、
期間限定モブハントなど、ゲームをライブで楽しむためのコンテンツを提供します。

 なお、既に発表しているDLC については、当初の予定通り配信を予定しています。
FFXV ホリデーパック(仮)
FFXV ブースターパック(仮)
FFXV エピソード グラディオラス(仮)
FFXV エピソード イグニス(仮)
FFXV エピソード プロンプト(仮)
FFXV オンライン拡張パック:戦友(仮)


 スタッフ一同、世界中のプレイヤーの皆さんに、FFXV をもっともっと楽しんで
いただくことを望んでいます。
 今後もFFXV ならびにFF シリーズをよろしくお願いいたします。

FFXV ディレクター 田畑 端
http://s.famitsu.com/matome/ff15/2016_12_07_01.html



続きを読む

このページのトップヘ